【床暖房】温水式 VS 電気式

床暖房,さいたま

 

 

 

 

 

 

注文住宅に床暖房は必要!? ~種類・メリット・デメリット~ について

 

寒い時期、やはり快適に過ごす暖房機器の一つとして床暖房があります。

じんわりとゆっくり温めてくれる床暖房は、体の芯まで暖まります。

 

エアコン等の温風暖房は、暖かい空気は上に溜まり、足元は寒いままになりがちです。

部屋の温度が上がっても足元が冷たいので、「寒い」と感じてしまうのに、一方で頭はのぼせてきてしまいます。

 

床暖房は足元からじっくりと暖めるため、体の芯からぽかぽかになるのです。

室温はあまり変化しませんが、体感温度はとても暖かくなります。なによりとても快適に過ごすことができます。

また、風も無く、室温が上がりすぎてしまうこともないので、肌や喉の乾燥がありません。

風が無いことによって、埃やダニを舞い上げにくいです。

床暖房は健康に良い暖房なのです。

 

そんな床暖房ですが、「床暖房」と一口に言っても、実は様々な種類があります。

今回は、一般的によく使われている種類とメリット・デメリットについてお話します。

 

 

床暖房は大きく分けて2種類

 

 

 

 

 

 

 

まず床暖房は、一般的に大きく分けて温水式と電気式の2種類に分かれます。

 

●温水式

 

 

 

 

 

 

読んで字のごとく、暖かいお湯の熱を利用した暖房です。

ボイラーなどの熱源で水を温め温水を作り、床下に設置したパイプに流して循環させる方式です。

熱源のボイラーは石油式またはガス式のものが一般的ですが、近年ではオール電化の家も増えており、電気の力で水を温める温水式も増えています。

電気式に比べ広範囲の設置がしやすいので、リビング全体など広い面積に設置したい場合は、温水式がおすすめです。

 

 

●電気式

 

 

 

 

 

 

 

 

電気式には「蓄熱式」と「非蓄熱式」があります。

 

蓄熱式

蓄熱式は、蓄積しておいた熱を放出することで暖房として利用する方式です。

蓄熱式の中でも、蓄熱の方法はいくつか種類があります。

潜熱蓄熱建材(せんねつちくねつけんざい)やコンクリート等で直接熱を蓄える方法や、比較的電力の安い深夜間に電気によってつくられる熱を蓄え昼間に放熱する方法等があります。

※潜熱蓄熱建材とは、物質が相変化する際に吸収・放出する潜熱を蓄熱してくれる建材のことです。

例えば水は、0℃以下になると氷に相を変化します。そして0℃より高くなると氷は水になります。《 水 → 氷 → 水 》に完全に相変化するまではその物質の温度は一定になります。このときに出入りする熱を利用したものが潜熱蓄熱材です。

 

非蓄熱式

一方非蓄熱式は、使用するときに通電するシステムとなっており、電熱線などのヒーターを用いた「電熱線式」と、カーボン素子(そし)を利用した「面状発熱体式(めんじょうはつねつたいしき)」があります。

※面状発熱体とは、金属箔に電気を流し発熱させるシート状の発熱体のことです。 非常に薄くてやわらかいので、曲面や狭いスペースを暖めたい場合に最適です。

 

 

メリット・デメリット

 

 

 

 

 

 

温水式と電気式ではそれぞれにメリット・デメリットがあります。

双方理解した上で検討すると良いでしょう。

 

●温水式

メリット

・部屋全体など広い面積の設置に向いている

・多くの部屋に設置する場合や広い面積に設置する場合は、費用を抑えられる

・灯油を熱源に用いた場合はランニングコストが安い(ガス式の場合は灯油の23.5倍のランニングコストがかかる)

・温度のムラができにくい

 

デメリット

・プロパンガス・灯油の場合は燃料の補給が必要

・設置工事に手間がかかる

・初期費用が高め

・定期的なメンテナンスが必要で、ボイラーは78年で交換が必要

 

●電気式

メリット

・キッチンのシンクの前やベッドやソファの足元等、全体ではなくポイントで設置したい場合に向いている(ムダなエネルギーを使用しない)

・温水式に比べ初期費用が抑えられる

・電力の安い深夜電力を使用するのでランニングコストを抑えられる

・放熱時間が長いため、朝から夜まで快適な温度を一定に保つことができる

・温度調整機能で気温に合わせて発熱を制限できるので省エネにもなる

 

 

デメリット

・設置場所を考慮する必要がある

・立上りに時間がかかる

・新築時の設置が大前提(リフォームしにくい)

・家庭の電気容量を上げなければならない場合がある

 

●電気式の非蓄熱タイプ

メリット

・一部屋で考えると設置費用が安い

・定期的なメンテナンスが不要

・省スペースの床暖房も容易

 

デメリット

・ランニングコストが高い

・線状のコードが断線すると、修理に費用がかかる

・立ち上がりに時間がかかる

 

まとめ

 

 

 

 

 

 

床暖房の暖かさは、最も冷えやすい足の裏から温める理想的な暖房と言われています。

黒澤工務店では、遠赤外線床暖房の電気式非蓄熱タイプをご提案しております。

全面にカーボンが塗布(とふ)さているので暖まりが早く、全面から遠赤外線が放射されるため身体の芯まで暖まります。

家族が集まるスペースやキッチンの所だけ、など効率良く配置することができるためライフスタイルに合ったご対応が可能となります。

 

黒澤工務店で建築いただいた方の約4割の方がこの床暖房をご採用頂いております。

設置場所ですが、やはり家族が集まるリビング・ダイニングはもちろんのこと、キッチンも人気です。

 

筆者の家でも電気式床暖房を設置しておりまして、木床でもタイル床でも素材を問わず暖かいです。

補助ヒーターを付けなくても過ごせる時もあり、個人的には設置して良かったと満足しております。

 

床暖房をご検討されている方へ少しでも参考になりましたら幸いです。

 

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

最高のお家づくりとなることを心より願っております。

 

株式会社黒澤工務店
本 社 埼玉県さいたま市南区根岸5-5-15
浦和店 埼玉県さいたま市緑区中尾395-1
電 話 0120-13-9638

資料請求

ご予約の方、資料請求の方に黒澤工務店のさいたま市での注文住宅・家づくりがよくわかる資料を差し上げます!

さいたま市で注文住宅を建てるための資料01
さいたま市で注文住宅を建てるための資料02
さいたま市で注文住宅を建てるための資料03
資料請求はこちら