断熱性能について

快適に暮らすことができる家を建てるなら、断熱性能の高さは欠かせません。
黒澤工務店では、スーパーウォール工法(以降「SW工法」と表記)や、その他の高機能システムを採用し、お客さまの住宅の断熱性や耐震性を高め、ご家族が安心して暮らせる家を提供しています。

SW工法で実現する省エネの家

省エネの家

黒澤工務店が目指すのは、家族の安らぎとくつろぎに満ちた家づくり。
そこで当社では、最新のテクノロジーを活かした、夏・冬ともに過ごしやすい、高気密・高断熱の住まいをご提供しています。
最大のポイントは、SW工法の採用。これによりBELS(建築物省エネルギー性能表示制度)で5つ星住宅相当の省エネ性能を実現しています。

低炭素住宅とは?

低炭素住宅とは、住宅からの二酸化炭素(CO2)の排出を減らす工夫が施され、高気密・高断熱・省エネを実現したランニングコストの低い住宅の事です。
低炭素住宅として認定されるには、国が定めた「改正省エネ基準」から算出されたエネルギー削減基準をクリアし、さらに低炭素化に資する措置とて8項目中2項目を選択することが必要です。
「黒澤工務店の家」は、この省エネ基準をクリアしています。

SW工法 4つのポイント

01
夏涼しく、冬暖かい省エネの家

02
騒音・生活音をシャットアウト

03
一棟ごとに気密測定を実施

04
温度差が少なくヒートショックも安心

夏涼しく、冬暖かい省エネの家

01 夏涼しく、冬暖かい省エネの家

SW工法は、高断熱材・硬質ウレタンフォームで建物全体を包み込み、気密施工することで、魔法瓶のように保温性に優れた高気密・高断熱の住まいを実現。外気の影響を受けにくいため、一年中快適な室内温度を保ちやすく、冷暖房のコストも抑えます。

高性能ウレタン素材

高性能ウレタン素材

SW工法で使用している硬質ウレタンフォームはλ(ラムダ)=0.019と高い断熱性能を誇ります。一般的なグラウスールと比較すると、同じ厚さでも1.5倍以上も断熱性が高いのです。

結露の少ない発泡ポリウレタン

結露の少ない発泡ポリウレタン

結露対策は、目視できる窓まわりだけでは不完全。見えない壁の中にも結露が生じます。SWパネルは、水を通しにくい素材のため型くずれせず、高い断熱性能を永く保てます。

騒音・生活音をシャットアウト

02 騒音・生活音をシャットアウト

騒音は、主に建物の隙間などを出入りしています。SW工法住宅はSWパネルの高気密施工で、優れた遮音性能を発揮。外からの気になる騒音を低減するとともに室内から外への音漏れも抑え、ストレスの少ない静かな室内環境を実現します。

一棟ごとに気密測定を実施

03 一棟ごとに気密測定を実施

どんなに断熱性能が高くても気密性能が高くなければ、省エネ・快適住宅にはなりません。SW工法住宅は、一棟ごとに気密測定を実施し、建物の気密性能を確認します。

温度差が少なくヒートショックも安心

04 温度差が少なくヒートショックも安心

家の中での温度差が少ない家が、心地よく住みやすい家の基本です。断熱性能の高いSW工法住宅は外気温の影響を受けにくいため、一年中快適な室内温度を実現。部屋の上下の温度差、部屋間の温度差が小さく、ヒートショックの心配も少なくなります。

24時間換気システム&全館冷暖房システム

高気密化された室内を常時クリーンに保ちます

全熱交換型 フロアセントラル換気システム

全熱交換型 フロアセントラル換気システム

各フロアに本体を設置し、各室給気する全熱タイプの「熱交換型換気システム」。縦ダクト(PS)を使わず、横ダクトのみの仕組みです。

床下冷暖房システム エアボレー

床下冷暖房システム エアボレー

使う人に、環境に、家計にやさしい、新時代の冷暖房システム「エアボレー」は、床下空間を有効に活用して、床全体と室内を同時に空調する冷暖房です。初期費用も電気代も低減できます。

快適を求めてたどり着いたSW工法をご体感ください

快適を求めてたどり着いたSW工法をご体感ください

快適に過ごしていただける家を突き詰めていくと、気密性が高く外気や周辺の騒音に振り回されない家にたどり着きます。
ご家族が健康で、精神的なストレスを日常的に感じない家を実現できるのが、当社のSW工法なのです。
これから新築をお考えの方や、今のご自宅を省エネの家にリフォームしたい方は、黒澤工務店にお気軽にご相談ください。

資料請求

ご予約の方、資料請求の方に黒澤工務店のさいたま市での注文住宅・家づくりがよくわかる資料を差し上げます!

資料請求はこちら