二世帯住宅のメリット・デメリット

 

 

 

 

 

 

今回は、二世帯住宅をご検討中の方へ、二世帯住宅事情のメリット・デメリット についてお伝えさせていただきます。

 

二世帯住宅とは・・・

親の世帯とその子供の世帯、文字通り2つの世代が同じ敷地で暮らすために考案された住宅です。

玄関や浴室、キッチンなどを共有することもありますが、お互いのプライバシーを守るために、玄関を別々に設けたり、それぞれにキッチンや浴室などの水廻りを設けることがあります。

 

二世帯住宅3つのタイプ 

好みも生活リズムも違う、親子で同居をするという二世帯住宅では、ほどよい距離を保てることが重要です。

二世帯住宅は3つのタイプがあります。

 

①完全同居型

②分離同居型

③完全分離型

 

一般的には上記の3つのタイプに分けられます。

人によっては名称が若干異なる場合もありますが、基本的に内容はさほど変わらないかと思います。

それでは、ひとつずつ詳しく解説してまいります。

 

①完全同居型

 

これまでもすでに同居をされていて、主に建て替えをお考えのご家族に最適なタイプです。

もしくは、親世帯が単身の場合や介護等が必要な場合、こちらのタイプにされるケースが多いです。

必要以上の設備や広すぎるスペースはかえって無駄になってしまいます。ご家族のご要望をコンパクトにプランに活かし、水廻りやLDKを共有することで建築費用を抑えることが出来ます。

設備のグレードアップやバリアフリーの設備を導入するのも良いでしょう。

 

 

②分離同居型

 

部分共有型とも言われるこのタイプは、ひとつ屋根の下での同居であるものの、水廻りやLDKを各世帯ごとに別に設けるタイプです。

完全に分離させるわけではなく、共有部分を持つということです。

生活をある程度分けることで、お互いの生活リズムを尊重し、無駄な気遣いを無くします。

必要に応じて玄関も分けることで、それぞれの世帯への来客や外出時にもスムーズな対応ができます。

各世帯のプライベートとふれあいをバランス良く取り入れることが出来るタイプです。

 

 

③完全分離型

 

土地に余裕があるご家族には、ひとつの土地に建物を別邸感覚で2棟建築し、半同居を叶えるタイプが人気です。

例えば、これから家族が増えていく若夫婦の2階建てと、隣接して親世帯は必要な部屋数だけがある平屋を建築されるかたちも多く、おすすめです。

また、両方の家を庭や渡り廊下で繋ぐことで、離れでありながらふれあいも生まれる空間が実現します。

お互いの生活への干渉が1番少ないタイプの二世帯スタイルです。お庭などの屋外空間が共有部分となります。

 

 

いかがでしょう?

あなたにはどのタイプが当てはまりそうですか?

 

二世帯住宅のメリット

 

 

 

 

 

 

「二世帯住宅」と聞くと、気を使わなくてはいけない…と、思う方が多いかと思います。

しかし、二世帯住宅ならではのメリットというのはたくさんあるのです。

住み慣れた場所で受け継がれていく「二世帯住宅のメリット」にはどんなことがあるのかをご紹介していきます。

 

親世帯のメリット

・建築費用の負担軽減

・老後の生活の安心感(経済面・健康面)

・孫との触れ合いで活力が生まれる

・毎日の会話にメリハリが生まれ心身ともに健康的になる

・相続、贈与がスムーズに行える

・何かあった時も安心

 

子世帯のメリット

・資金面の援助、負担を軽減

・共働きしやすい、経済的ゆとり

・在宅介護も少ない負担でスムーズに行える

・育児協力を得られる

・おじいちゃん、おばあちゃんとの暮らしは子供に良い影響がある

・相続についての話し合いをしやすい傾向にある

 

上記以外にもあるかと思いますが、

大きな要因として、予算面やお子様・お孫様の環境面において二世帯住宅は良い影響をもたらしてくれます。

親子が同居することでそれぞれにメリットが生まれ、日々の暮らしも安定し、豊かな二世帯同居になるのではないかと思います。

 

 

二世帯住宅のデメリット

 

 

 

 

 

 

メリットがあるということは、二世帯住宅においても少なからずデメリットがあります。

どのようなデメリットがあるのかは知っておきましょう。

 

・友人を呼びづらくなり、付き合いが減った

・共有スペースが多いと部屋に閉じこもる時間が多くなった

・生活音が気になる

・外出しづらい

・常に見られている気がする

 

人によっては他にも感じるデメリットがあるかと思います。

二世帯住宅のパターンによってもデメリットの内容が異なりますが、

やはり「思いやり」・「気遣い」といった部分が単世帯と比べ必要になるかと思います。

 

まとめ

 

 

 

 

 

 

実際に二世帯住宅に暮らしている方のお話を伺ってみると、二世帯住宅にして良かったという声を多く聞きます。

最後にとある「分離同居タイプ」の二世帯住宅に住まわれている方のお声をご紹介いたします。

 

「私は、分離同居タイプで、1階と2階で親世帯と子世帯と分かれています。1番は子育てにおいて大変お世話になっています。子供をお願いするときでもすぐ近くなので忘れ物をしてもすぐ取りに行けます。また、距離が近いので移動時間を省くことができ、買い物等ちょっとした時でも見てもらいやすくとても助かっています。子世帯目線ですが、二世帯住宅にして良かったと思っています。」

 

二世帯住宅にするしないに関わらず、お家づくりを進める中で、ご両親へのご相談はされることと思います。

人それぞれ事情は違うかと思いますが、「二世帯住宅」という選択肢についても少し考えてみてはいかがでしょうか?

お家づくりをご検討されている方々の参考になると幸いです。

  

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

最高のお家づくりとなることを心より願っております。

 

株式会社黒澤工務店
本 社 埼玉県さいたま市南区根岸5-5-15
浦和店 埼玉県さいたま市緑区中尾395-1
電 話 0120-13-9638

資料請求

ご予約の方、資料請求の方に黒澤工務店のさいたま市での注文住宅・家づくりがよくわかる資料を差し上げます!

さいたま市で注文住宅を建てるための資料01
さいたま市で注文住宅を建てるための資料02
さいたま市で注文住宅を建てるための資料03
資料請求はこちら