注文住宅を建てるときに知ってほしいこと

今回の記事は、これから家を建てる方が絶対しておくべき住宅の基礎についてお伝えいたします。

お家づくりを始めていきたいけど、何をどうしたら良いのか、どういうものがあるのか分からず悩んでいる方が大半かと思います。

そんな方に少しでもお役に立つと幸いです。

 

■ポイント

ポイントは大きく分けて2つです。

1.注文住宅ってなに?

2.注文住宅と建売住宅との違い

です。

 

 

■注文住宅ってなに?

まず、住まいにはいろんな選択肢があります。

マンションか一戸建てに大きく分けられ、それが賃貸か購入か社宅なのかでまた分かれていきます。

その中でも、一戸建てを購入するという注文住宅についてのお話となります。

 

注文住宅とは

文字通り、注文してから建築する住宅です。オーダーメイドで家を建てることができます。

お客様と建築会社が何度も打合せを行ってから、実際に建て始めます。

希望条件を細かく建築会社に伝え、理想の家にするためにこだわって建てる住宅です。細部に至るまで理想の機能を盛り込んでデザインに反映させることができるので、一生の住まいを満足度の高い住宅にすることが可能です。

家を建てる場所(土地)をお持ちでない場合は、まずは土地を探すところから始まり、土地を購入してから本格的にお家づくりのスタートとなります。

 

■注文住宅と建売住宅との違い

 

家づくりには大きく分けて2つあります。先程ご説明した「注文住宅」と、「建売住宅」です。

 

 

 

注文住宅

注文住宅はまず家を建てる場所(土地)が必要となります。

土地をお持ちでない方は探すところから始まります。

金額・大きさ・環境(学区・駅までの距離・病院・お店などが含まれる)などいろいろと決め手となるポイントがあります。譲れないポイントをリスト化しておくと良いでしょう。

 

メリット

注文住宅の一番のメリットは自由度の高さ、自分好みにできることです。間取りやデザイン・設備や内装も思いのままに決めることができます。

将来のことを考えた空間づくりやリフォームしやすい間取りにすることも可能です。

また、家が完成するまでの過程を見ることができるので完成すると見えなくなる構造部分を確認することができ安心にも繋がります。

ただし、デメリットもあります。

 

デメリット

土地探しから始める方は、見つかるまで何年とかかる方もいます。

土地というのは生み出すことができないため、良い土地は手放す方が少ないのが理由の一つかと思います。故に理想の土地に巡りあうことはとても大変なことなのです。理想の100%の土地というものは無いと断言する業者も多いでしょう。もしあったとしてもすぐに売れてしまうからです。そのため決断するタイミングも重要なポイントの一つとなります。

仮に立地があまり良くなかったとしても注文住宅なら工夫次第で欠点を補えます。

お家づくりの打合せは、決めることも多く完成までにかかる時間が長期化します。

また注文住宅は価格の不明確さがあり、建売住宅が明確な分、顕著にその点が感じられます。

そのため、「注文住宅は高い」と思われる方が多いのですがそれは一概には言い切れない部分でもあります。

 

注文住宅まとめ

注文住宅は自由なお家づくりができますが多くの決断が必要になります。

悔いのない家づくりにするには勉強も必要です。

どんな家(テイスト)に住みたいのか、予算、優先順位をあらかじめ決めておくことが大切です。

 

建売住宅

土地と建物がセットになって販売されているのが建売住宅です。

特徴としては、まとまった土地を区切って数棟あるいは数十棟、数百棟と言う規模で一気に建築されます。街の景観を考慮して街並みに統一感を持たせることが多いです。

近隣のお家とほぼ同じ…と感じる方も多いですが、人の捉え方によって良し悪しは変わります。

建売住宅は売れなかった場合の損失が大きい為、ある程度利便性の高い土地に建てられることが多いです。

ちなみに分譲住宅と表現されているところもありますが意味は同じです。

立地を優先するなら建売住宅のほうが良いこともあるため、希望の土地がなかなか見つからないという方は建売住宅もご覧になってはいかがでしょうか。

 

メリット

一番のメリットは価格面です。そして、購入前に間取り・陽当たり・眺望・環境などを確認することができることも大きなメリットでしょう。

あとは、複数のお家が同時に販売されることが多いので、その場合は敷地の境界が明確にされることが多いので隣地とトラブルの可能性がとても低くなります。

境界とは、土地と土地の境目のことです。必ずあるものですが、時が経ち多くの人の手を渡ると曖昧になってしまう場合もあるのです。

 

デメリット

建売住宅は基本的に建ててから販売となるため、間取りやデザイン・設備など、好みに変更ができないのがデメリットです。

また、仕上がりを確認してから購入ができる一方、完成するまでの過程も見ることができません。

あってはならないことですが、図面や口頭の説明では落ち度はなくとも、人間ですので100%ではありません。

可能性は低いですが、万が一ミスがあったとしても、完成してからですとそれを確かめる術はありません。

永く住むお家ですので、そのことも頭の片隅においておくと良いでしょう。

 

建売住宅まとめ

最近では建売住宅でも機能性や設備もスペックの高いものが増えています。

一度に家を複数建てるためコストを抑えることができるので、販売価格が抑えられます。

 

■最後に 

どちらが必ずしも良いというわけではありませんが、住宅は一生の買い物です。

買ってからやっぱり返品しますというわけにはいきませんよね。

ですので、ある程度は時間をかけて焦らずじっくりと検討してみてはいかがでしょうか。

 

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

みなさまにとって最高のお家づくりとなることを心より願っております。

 

資料請求

ご予約の方、資料請求の方に黒澤工務店のさいたま市での注文住宅・家づくりがよくわかる資料を差し上げます!

さいたま市で注文住宅を建てるための資料01
さいたま市で注文住宅を建てるための資料02
さいたま市で注文住宅を建てるための資料03
資料請求はこちら